042-508-2778

お気軽にお問い合わせください

ビジョン経営 ブログ 組織開発・人材開発

【第95回】量質転化は重要。しかし、それだけでは・・・

ブログアイキャッチ_量質転化

 

 

こんにちは。

協創マネジメントパートナーの古厩です。

 

「量質転化」という言葉があります。

 

これは

 

「一定量を積み重ねることで質的な向上が発生する」

 

という意味ですが

 

簡単に言うと

 

「量をこなすと、質が上がる」

 

という意味合いで使うことが多いです。

 

私が社会人になりたての頃は

上司から「まずは量をこなせ!(訪問量を最大化しろ)」

と言われていました。

 

確かに量をこなすことで成果を挙げることが出来ていましたが

質の面で本当に上がっていたかどうかと問われると

疑問符が付きます。

 

 

新人に仕事の基本としての

基本的な行動を身に着けさせるという意味合いでは

確かに量は重要です。

 

しかし

量をこなすためには

前提条件があると思います。

 

それは

 

「基本行動を理解し、それはどのような意図をもって行う必要があるか」

 

を理解したうえで、量をこなす必要があります。

 

経営者・管理職として

部下をいち早く育てたいと考えるのであれば

 

1.基本行動を一つひとつ分解し、言語化する

 

2.基本行動を行う意図を言語化する

 

3.言語化した内容を部下が理解できるように伝える

 

4.基本行動を何度も実践出来る場を設定する

 

5.部下に基本行動の実践を量を求め、実践させる

 

6.実践した結果をもとに、振り返りをさせる

 

 

ことが必要であると考えます。

 

言ってみれば

 

PDCAサイクルを行動量をトリガーに

短サイクルで回す

 

ことが

量質転化を促すことにつながります。

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

-ビジョン経営, ブログ, 組織開発・人材開発

Copyright© KSF CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。