042-508-2778

お気軽にお問い合わせください

キャッシュフロー経営(脱ドンブリ経営) ビジョン経営 ブログ

【第96回】4つの視点で会社のあるべき姿を描く

ブログアイキャッチ_会社の目指す姿

 

こんにちは。

協創マネジメントパートナーの古厩です。

 

経営者として日々自社の

 

「収益構造の強化」と「キャッシュフローの改善」

 

について頭を悩ませているかと思います。

 

この二つの悩みを考える上で

重要となることが一つあります。

 

 

それは、

会社として何を目指しているのか

「定量的なビジョン」と、

「定性的なビジョン」

を明確にしておく必要がります。

 

この二つのビジョンを明確にしておくことで

 

「収益構造の強化」と「キャッシュフローの改善」

 

の経営判断をするための判断基準を持つことが出来るようになります。

 

また、二つのビジョンを社員に共有することで

社員も現場で業務を行う際の判断基準を持つことが出来るようになり

主体的に行動を起こしやすくなります。

 

では、

会社の目指す姿をどのように考えていくと良いでしょうか?

 

普段、協創マネジメントパートナー(キャッシュフローコーチ)として

中小企業経営者の方を支援している際に

お伝えしていることを簡単に整理しておきます。

 

ぜひ、ご自身の会社の目指していることを

明確にしていただければと思います。

 

 

image

                   ©Tatsuya Wani All rights reserved.

 

明確にすべきことは大きく分けて4つです

 

1.ミッション

  自社はどのような使命感をもっているか。

  対象となる顧客の課題や社会的な課題に対して

  どのようにしていきたいと考えているか。

 

2.ビジョン

  ミッションを実践していく中で

  どのような状態を目指しているのか

  顧客や社会などの目指す状態と

  自社及び社員がどのような状態になることを目指すのか

 

3.カンパニースピリッツ

  ミッション、ビジョンを果たすために

  自社はどのような判断基準、行動規範を持っているか

  どのような価値観を共有していくか

 

4.セルフイメージ

  顧客や社会からどのように見られたいのかを

  一言で言い表したもの

 

 

これら明確にすべき4つは

経営者や管理職が明確にしていくとともに

社員、部下とともに話し合い、共有していく必要があります。

 

自社のビジョンを見つめなおし

共有をしていっていただければとおもいます。

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

-キャッシュフロー経営(脱ドンブリ経営), ビジョン経営, ブログ

Copyright© KSF CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。