ビジョン経営 ブログ

第39回 ワクワクビジョンで会社の目指す方向性を全社で共有する

 

 

突然ですが、

御社の『会社のビジョン(あるべき姿)』とは、

どのようなものですか?

 

と聞かれたらどのように答えますか?

 

様々なビジネス書やコンサルタントが必要だと言っており

「自社にも必要だ。でも作ることで何が変わるのか?」という

思いがあるかもしれません。

 

では、ビジョンとは何なのでしょうか?

そして、なぜ必要なのでしょうか?

これまで多くの経営者・役員の方や部門責任者の方の

ビジョン作成と浸透のお手伝いを行ってきましたが、

練りこまれたビジョンを社員に発信している方と

一応作ったものを発信している方との間に大きな違いがあります。

 

とある外資系生命保険会社の支社長の皆さんが、

部下数十人を巻き込み、目標達成に向かうための

支社のビジョンを支社長一人ひとりが作成し、支社内に

浸透させていくという取り組みを数年にわたって支援しました。

 

ビジョンを作成し、浸透させることを日々行い

その後それぞれの支社の目標達成の度合いを取っとことがありました。

 

具体的な例を挙げると

自支社のビジョンをうなりながら考え、紙に書いては丸めて捨ててを

一日中考え、その場にいた私に何度も自身が考えたビジョンの感想を

求めてきた方の場合は

 

ビジョン検討前

・業績が低迷しており、本社から復調の兆しがみえなければ

1年後支社を廃止することを検討せざる得ないといわれていた

・営業パーソン一人ひとりは成績が上がらず、収入が少なすぎるため
離職者が後を絶たない状態であった
(外資系生保の場合ほぼ完全歩合制。契約が取れないと収入は0もしくは
経費が掛かるので赤字の状態になる)

・採用活動をしても、一緒に働きたいう方が集まらず採用が出来ない。

 

ビジョン検討後

・1年後、全社トップの目標を達成し、年末イベントで全社表彰を受けることが出来た
(トップ支社のメンバーは家族を含め都内超一流ホテルに招待され、本国の社長から
接待を受けることが出来ています)

・営業パーソン一人ひとりが自身の仕事に誇りを持ち、お客様の人生をよりよくするための
一人でも多くの方にお会いしたいというようになった

・契約いただいたお客様の中から、なんかすごく楽しそうに営業の方が働いているので
私も一緒に働きたいのだけれど営業パーソンの募集はしていないのかと問い合わせが 来るようになった

 

といった変化が表れています。

 

 

これは

 

1.自らが本気で目指したいと思えるビジョンを真剣に考え抜き、

2.そのビジョンを実現することはメンバーにとってどのような良いことが起きるのか考え

3.メンバーが実現することを本気で待ち望む状態を言語化し

4.いつでも、どこでもメンバーに発信し続けたこと

 

をきっかけとして組織が大きく変わった例です。

 

 

では、組織に何が起こったのでしょうか。

 

それは

経営者・役員の皆様の想いに共感し、

その想いを自分自身のやりたいことと重ね合わせることが出来るようになったからです。

 

 

そして、経営者・役員に言われたことを行うといった状態から

社員一人一人が何をすると良いか自ら考え、

活き活きと実行に移すこと出来るようになったからです。

 

 

とは言え、ワクワクビジョンを一人で考えるのも大変です。

 

 

それは何故かというと

経営者・役員の方々は様々な制約の中で考え、

実行に移すことが求められているからです。

 

私が経営者・役員の方々の支援を行っていると

「〇〇を実現したくて会社を経営しているが、
目先の数字をまずどうにかしないと先のことなんか考えてもしょうがない」

 

「先のことを考えようにも、何から考えたらよりか分からない」

 

「社員一人ひとりが何を考えているかよくわからない」

 

などなど、

 

自らの想いを形にしていくことにブレーキを自らかけてしまっている方が

多いように感じます。

 

そして

ブレーキをかけている自分自身に気づいていないことがあります。

 

 

ブレーキを外すためには、いったん様々な制約を一端忘れて

使えるリソース(人、モノ、金、情報)がふんだんにあるとしたら

本当にやりたいことは何なのか、どのような状態を目指したいのかを

考える見ると良いです。

 

また、出来るならば経営者として

 

信頼できる第3者(コーチ、コンサルタントなど)とゆっくりと対話を行い、

漠然とした思いや考えを明確にし

それを言語化していく

「場(クオリティタイム)」を意識し作られることをお勧めします。

 

是非、一度時間を取って、経営者としてのビジョンをじっくりと考えてみてください。

この講座では、毎回最後に簡単なドリルがあります。

 

是非、ご自身で取り組んでみてください。

Q1.経営者として実現したいことはなんですか?

______________________

______________________

Q2.社員一人ひとりの顔を思い浮かべた時、
この会社の仕事を通して実現したいと思っていることは
どのようなことがあると思いますか。5つ書き出してみてください。

①_____________________

②_____________________

③_____________________

④_____________________

⑤_____________________

Q3.自身の実現したいことを、社員がワクワクして実現が待ち望まれる
会社のあるべき姿をコンパクトにインパクトのある文章で表現してみてください

_______________________

_______________________

_______________________

問いに答えてみていかがでしたか?

結構考えを整理することに苦労されたかもしれません。

今回の設問は私がクライアントである経営者や役員の方と

「協創経営」実践サポートでワクワクビジョンを検討する際に

問いかけている内容の一部です。

 

もし個別にサポートが必要だと感じられましたら

まで、ご相談いただければと存じます。

-ビジョン経営, ブログ

Copyright© KSF CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。