ブログ 営業組織力強化

第27回 周囲との交渉を上手く行うための秘訣②

前回は交渉の準備についてお伝えをしました。

今回は交渉の準備を踏まえて相手とどのようにコミュニケーションを取っていくかを考えたいと思います。

 

前回も書きましたが、交渉は相手と良好な関係を長期間続ける事が出来るようにするものです。そしてそのためには双方がWIN-WINの関係を構築する必要があります。

 

では交渉において相手とどのようなコミュニケーションが必要でしょうか?

 

交渉におけるコミュニケーションに於いては以下のようなポイントを抑える必要があると考えます。

 

  1. 交渉の早い段階で上位目的を相手と合意する
  2. 交渉して獲得したい事(相手に行ってほしいこと)を簡潔に、かつできれば相手のメリットがあるように伝える
  3. 相手の現在の状況や交渉内容に対する考えを、質問を通してできるだけ引き出す。
  4. 相手から引き出した内容をもとに、相手に対して再度交渉で獲得と相手に取ってのメリットをを申し入れる。
  5. 相手と合意できるポイントを見出す
  6. 合意出来たポイントを5W1Hで具体的にする

が必要になります。

 

ポイントの中で特に重要なのは、自分が獲得したいことを一方的に伝えるのではなく、相手に質問を通して現在の状況や交渉内容に対する考えを深く理解する点になります。

 

ぜひ、参考にしていただければと思います。

-ブログ, 営業組織力強化

Copyright© KSF CONSULTING , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。